事業承継・M&A支援|JAMMSA|日本メディカル経営支援協会ホームページ

サイトマップ
日本メディカル経営支援協会日本メディカル経営支援協会
医院経営個別相談受付中医院経営個別相談受付中
事業承継・M&A支援

HOME | 事業承継・M&A支援

事業承継・M&A支援

これまで経営してきたクリニックを、—ご子息が順調に承継してくれるのであれば問題ありません。しかし、後継者不足や経営不振で承継が難しい場合もあります。
JAMMSAでは、こうしたクリニック事業承継・M&Aのサポートを行っております。

開業を目指す先生が承継、売却物件を選択するメリット

—開業を目指す先生が、承継・売却物件を選択するメリットには以下のようなものがあります。

  • —長年の実績、地元にも存在を広く認識されている
  • 開業後の売り上げがある程度計算しやすい
  • —建築、内装がリフォームで済むので安上がり
  • 機材もそのまま使えるケースがある
  • —開業までの立ち上がりが早い

一般企業や個人商店とは違い、承継する側・買い手側にもたくさんのメリットがあります。

相手先の見つけ方

第三者の承継相手・買い手を見つける方法はいくつかあります。
ただし、方法によっては商談途中で情報が漏れてしまうこともありますので注意が必要です。

  • —医局、医師会
  • 医療機器メーカーなど出入り業者
  • コンサルタント、税理士
  • —銀行
  • インターネットのM&Aサイト
  • 一般社団法人日本メディカル経営支援協会(JAMMSA)

価格算出の方法

実際に事業承継・M&Aを考えたときに、ご自身のクリニックがいくらで買ってもらえるのか。以下は一般的な算出例です。

—【算出例】

—①資産+のれん代(営業権)
*のれん代・・・・1年分の利益 とか 月商の1~3カ月分 など様々
—②月額売上高×3~6カ月分
—③年商の1年分
④純資産の半分+年商
⑤利益の3~5年分
—⑥立地+将来性
⑦法人格のみ、出資持分ありなら500万円超も

承継、売却成功のポイント

本当に承継、売却を成功させたいならば、以下の点にご注意ください。

●—価値の増大に努める

—赤字経営や価値の毀損は禁物!

●—情報漏れは失敗のもと

—自分自身、身内、婦長、事務長、門前薬局、業者

—●身内の意見調整

—法人の場合は社員も含む

—●医療法人化も視野に入れる

—承継、売却が簡単になる

—●相談相手の選定

—守秘義務